お子さんの歯並びは将来のためには大切です!

お子さんの歯並びに気になるところはありませんか?歯並びが乱れる原因としては、遺伝的なものもありますが、日常的な癖が原因となることもあります。

歯並びに悪影響を及ぼす日常の癖

指しゃぶりや頬杖、爪・唇を噛むといった癖は歯並びを悪くするおそれがあります。歯並びが悪いと噛み合わせも乱れることになり、結果として、ブラッシングのしにくさから虫歯になりやすくなる、丸呑みしがちになることから消化器系に負担をかける、よく噛めないために脳発達が遅れるなど、様々な悪影響を及ぼすことがあります。歯並びに影響するような癖に気づいたら、なるべく早めに直してあげることが大切です。

悪い歯並びは早めに治療しましょう

お子さんの矯正治療では、「床矯正(※)」などを採用し、未完成であるお子さんの顎が正しく成長するように導きます。顎の骨格の成長を利用できるため、抜かずに歯並びを整えることができます。また、顎の骨格の成長をコントロールできるので修正しやすく、成人してからの治療と比べて治療も比較的短期間で済むのも特徴です。できれば骨格ができあがる前に矯正をはじめたほうがいいでしょう。
※すべての歯がきれいに並ぶスペースが顎に不足している場合に用いる方法です。取り外しできる装置を用いて顎の成長を利用して顎を拡げ、すべての歯がきれいに並ぶスペースを確保します。

小さい頃から歯のメンテナンスをする習慣を

乳歯はいずれ永久歯に生え替わります。だからといってケアをおろそかにしていいということでは決してありません。乳歯の頃に正しい顎の骨格を形成し、お口の健康状態を維持しておかないと、それはそのまま永久歯に生え替わっても引き継がれてしまいます。そのため、小さいうちからお口のメンテナンスを行うことが大切です。

お子さんのお口の健康は日常生活から

食育に配慮

お子さんのお口の健康を保つためには、食育が重要だと考えられています。規則正しく、栄養のバランス良く、よく噛んで食事をすることで、健康なお口の環境が維持できるだけでなく脳の発育も促進します。

毎食後には欠かさずブラッシングを

ブラッシングを習慣づけることは大切です。はじめは嫌がるお子さんもいらっしゃいますが、乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいので、歯が生えはじめたらブラッシングの練習をはじめるようにしましょう。

定期検診を積極的に

ご自宅でのケアだけではどうしても不十分な場合があります。定期的に歯医者さんに通う習慣を身につけさせてあげましょう。そうすれば、将来にわたっても歯科治療とは無縁でいられる可能性が高くなります。

赤ちゃんが生まれたら……

ページの上部に戻る

当院における小児歯科の処置内容

ブラッシング指導

小さいうちはなかなか上手に磨けないもの。お子さんの歯並びやブラッシングの癖をチェックし、磨き残しやすい箇所の磨き方を練習します。小さいお子さんの場合には、親御さんに仕上げ磨きの方法もお教えします。

シーラント

奥歯には複雑な溝があるため、お子さんが磨き残しなく磨くのが難しい箇所です。その溝をプラスチック樹脂で埋め、食べかすが入らないようにしておくことで虫歯を予防します。

フッ素塗布

歯質を強化するフッ素を歯に塗布することにより、虫歯菌の活動を抑制して虫歯を予防します。また、フッ素には再石灰化を促す作用もあるので、ごく初期の虫歯であれば、治療も可能です。

過剰歯の抜歯

過剰歯は通常よりも多く生えてきてしまう歯のこと。これは本来必要ない歯で、正常な歯の成長の妨げとなることもあるので、ほとんどのケースで抜きます。

妊娠がお口に及ぼす影響は……

小児歯科のQ&A

※質問をクリックすると、回答が表示されます

Q. 子どもがブラッシングを嫌がりますが、無理にやってしまっていいのでしょうか?

Aなるべく磨いたほうがいいですが、無理矢理やる必要はないでしょう。まずは歯ブラシに親しむ程度からはじめて、徐々にブラッシングに抵抗がなくなるようにしてください。

Q. 子どもを虫歯になりにくい体質に育てることは可能でしょうか?

A虫歯になりやすいか、なりにくいかの口腔内環境はだいたい3歳までに決まるようです。3歳までお口の中で細菌が棲みにくいきれいな状況を維持できれば、大きくなって甘いものを食べても比較的虫歯になりにくいといわれています。3歳までは甘いものを控えるなど、虫歯菌の活動を抑える習慣を身につけさせることが大切です。

Q. 乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきてしまいました。どうしたらいいでしょうか?

A自然に抜け落ちるのを待っても問題ないかと思います。永久歯が全部生えてもまだ抜けない場合は、お気軽にご相談ください。

ページの上部に戻る