違和感をより少なく、失った歯を補う治療

歯が抜けてしまった場合、たった1本の歯であっても見た目が悪くなるだけでなく、そのまま放置しておくとバランスが崩れ、噛み合わせに大きく影響してきます。また、噛んだり話したりするのに不便なだけでなく、身体全体にも悪影響が出てきます。そのため、できるだけ早く治療する必要があります。

治療法には、「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」があります。それぞれの治療の特徴を理解して、ご自分に合った治療法をお選びください。

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
 
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせて作った義歯を、ばねを使うなどして装着する治療。

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メ リ ッ ト
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デ メ リ ッ ト
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり噛むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • ばねを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

ページの上部に戻る

  • インプラント
  • 入れ歯

自分の歯のような噛み心地「インプラント」

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取りつける治療です。インプラントのメリットは、見た目が自然なことに加え、自分の歯で噛んでいるような噛み心地が得られることです。

当院のインプラント治療は、日本口腔インプラント学会にも所属し、インプラント治療を専門に行っているスペシャリストです。数多くの症例を取り扱っていますので、難しいインプラント治療も安心してお任せいただけます。

インプラント治療の流れ
1. カウンセリング

患者さんのご希望をうかがいます。その後、インプラント治療についてご説明しますので、不明な点がありましたら、どんなことでもご質問ください。

2. 診査・診断

お口だけでなく全身の状態を精密に診査します。インプラント治療を安心・安全に行うためには、この診査が欠かせません。当院ではレントゲン、CTなどを用い、あらゆる検査を行います。

【精密な診査を可能にするCT】
CTでは、顎の骨を立体的に捉えることができます。顎の骨の厚みや神経の通っている位置を正確に把握することで、より安全なインプラント埋入が行えます。

3. 治療計画作成

診査結果をもとに、治療計画を立案します。その後、治療内容や費用、期間などについて詳しくご説明します。ご納得いただけましたら治療を開始します。

4. 事前治療

事前に虫歯や歯周病が見つかった場合には、先にこれらの疾患治療を行います。

5. インプラント埋入手術

歯肉を開いてインプラントを埋入します。手術後、インプラントが顎の骨としっかり結合するまで治癒期間を置きます。個人差がありますが、2~6ヶ月程度必要です。

【よりリラックスして手術に臨んでいただくために】
手術は局所麻酔をかけて行いますので、痛みはほとんど感じません。また、手術に不安のある方には、気分を落ち着かせる効果のある「静脈内麻酔」を使用することもあります。不安感が取り除かれ、リラックスした気分で手術を受けられる麻酔です。希望される方は、お気軽にお申しつけください。

6. 2次手術

インプラントが安定したのを確認後、再度歯肉を切開し、インプラントの上部にアバットメントという歯の土台部分を取りつけます。

7. 人工歯冠の取りつけ

切開した歯肉が治癒するのを待ってから、インプラントに人工歯を装着します。これでインプラント治療は終了です。

8. 治療後のメンテナンス

治療後もインプラントに不具合がないか、定期的にチェックする必要がありますので、積極的に定期検診にお越しください。

料金表

表示価格は税抜です

インプラント(1歯) ¥350,000-
症例紹介

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

 

左右の奥歯もインプラントによってかみ合わせが確立、何でも噛めるようになりました

インプラント治療のQ&A

※質問をクリックすると、回答が表示されます

Q. インプラントを入れることにより周囲の歯への影響はありますか?

Aインプラントは周囲の歯を削ることがなく、また固定のために健康な歯に負担をかけることもありません。

Q. インプラントの材質は何ですか? 埋め込むことで身体へ影響はありますか?

Aインプラントにはチタンが使われています。身体によく馴染む性質ですので、ご安心ください。

Q. インプラントの寿命はどのくらいでしょうか?

A普通の歯と同様にしっかりとメンテナンスを継続していただければ、生涯使い続けることも可能です。

ページの上部に戻る

よりお口にフィットする「入れ歯」

広く知られるようになったインプラント治療ですが、比較的高価で手術を伴う難しい治療のため、抵抗のある方もいるでしょう。当院では、そんな方には入れ歯治療をお勧めしています。インプラントと比べて安価で治療期間も短くて済むといったのが利点です。

保険入れ歯と自費入れ歯について

入れ歯には、保険が適用されるものと保険が適用されず自費になるものがあります。保険の入れ歯は費用が安く済む一方で、見た目や機能面で自費診療のものに劣ります。自費の入れ歯は費用が高くつくものの、自然な見た目と噛み心地が手に入ります。当院では患者さんの症状やご要望に適切なものを提供しています。

当院で取り扱いの入れ歯

レジン床義歯

歯肉にあたる部分「床」がレジン(歯科用プラスチック)になっている入れ歯です。保険が適用されるため、安価に済みます。

金属床義歯

床の部分が金属になっている入れ歯です。レジンに比べて強度が高く、薄く仕上げることが可能です。食べものの温度がよく伝わるので、食事がおいしくいただけます。

マグネットデンチャー

入れ歯を固定するためにばねの代わりに磁石を用いた入れ歯です。残っている歯根側に磁性金属を、入れ歯側に磁石を埋め込み、磁力で入れ歯を維持します。残っている健康な歯への負担が軽くて済むという利点があります。

ノンクラスプデンチャー

ばねを一切使わない部分入れ歯です。口を開けても入れ歯とわかりづらいのが利点ですが、寿命が多少短いため、比較的短いサイクルで作り替える必要があります。

料金表

表示価格は税抜です

金属床 部分入れ歯 ¥200,000-
総入れ歯 ¥250,000-
ノンクラスプデンチャー 1~3歯 ¥80,000-
4~8歯 ¥100,000-
総入れ歯 ¥150,000-

入れ歯治療のQ¥A

※質問をクリックすると、回答が表示されます

Q. 入れ歯を固定するばねがないと外れてしまわないか心配です……。

A外れることはありませんので、万が一外れてしまう場合はお口にきちんと合っていない可能性があります。一度ご相談にいらしてください。

Q. 入れ歯の寿命はどれくらいでしょうか?

A入れ歯の種類にもよりますが、丁寧にケアしていれば長期間の使用が可能です。入れ歯は毎日きちんと洗浄し、残っている歯にもトラブルがないようにお口のクリーニングをしっかり行いましょう。

Q. 入れ歯を入れていないほうが楽なので、あまり装着していたくないのですが……。

A歯がない状態が続くと噛み合わせの乱れを引き起こすなど、他の健康な歯にまで影響を及ぼしかねません。きちんと入れ歯を装着しましょう。もし、入れ歯の異物感があまりにも大きい場合は、お口に合っていない可能性があります。お気軽にご相談ください。

ページの上部に戻る