レーザーによる歯周病治療で患者さんの負担を軽減

歯周病は知らず知らずのうちに進行し、悪化すると歯を支えている顎の骨までも破壊し、最悪の場合は歯を失うこともある怖い病気です。初期の段階では自覚症状に乏しいため、気づかないうちに悪化してしまうことがほとんど。歯を失う原因の第一位であり、生涯を自分の歯で過ごしたいと考えている方にとっては大敵です。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。
軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

ページの上部に戻る

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病で気をつけなければならないのは、歯周病菌の悪影響がお口の中だけに留まらず、全身にも及ぶということです。歯周病菌が全身の血管に流れ込むことで、心臓病や肺炎を引き起こすことがあるのです。また、歯周病菌が糖尿病を悪化させることもあるという報告も。特に、糖尿病患者は免疫機能が低下しているため、歯周病になりやすくなってもいるので、注意が必要です。

歯周病の検査

歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

当院のレーザーによる歯周病治療

当院では、歯周病治療に炭酸ガスレーザーを使用しています。歯周ポケットにレーザーをあてて歯周病菌を減菌。従来、歯周ポケットが深くなると器具が届きにくくなり困難であった歯周病治療も、レーザーなら治療が可能です。

レーザーがあたる表面でのみ反応するため、歯肉の下にある骨には影響がありません。また、レーザーには傷んだ歯肉の治癒を促進する効果もあるため、治療後の経過が良好なのも大きなメリットです。

歯周病治療のQ&A

※質問をクリックすると、回答が表示されます

Q. 歯周病が原因で抜歯になることはありますか?

A歯周病がかなり進行してしまった場合、他の健康な部分にまで悪影響を及ぼすようであれば、抜歯が必要になることがあります。しかし、歯を抜いてしまえば二度と元には戻せません。当院では、できるだけ抜かない治療に取り組んでいます。

Q. 歯周病治療では痛みがありますか?

Aレーザー治療ならほとんど痛みがありません。麻酔の量を抑えることもでき、安心です。

Q. 口臭が気になります……。歯周病が原因でしょうか?

A口臭の原因の一つには歯周病が挙げられますが、その他にも様々あります。まずは歯医者さんで歯周病を治療し、お口の健康を取り戻しましょう。それでも改善されない場合は、それ以外の原因である可能性が高いです。当院では、口臭の原因をきちんと突き止め、適切な処置をご提案します。

ページの上部に戻る